通学免許と合宿免許の違い

自動車社会である日本において、個人が車を運転できるように技術や知識を身に着けるということは、とても大切なことでもあります。
毎日の生活で欠かせないものになっている今では、性別や年齢に関係なく、免許取得をして自家用車を所有しているという人もかなりいるものです。

まずは免許証を取得することになるのですが、自動車学校では運転のマナーや法律、車の構造などの知識のほかにも運転の技術などを学ぶことになります。



これは規定の時間数をこなすことになるので、ある程度の時間もかかりますし、費用もかかるものです。



通常、多くの人では日常生活に支障がないように通学免許というスタイルのプランで受講することになるものです。
最寄りの自動車学校に自分の好きな時間に通うようになります。

これは費用も30万円以上もかかることが多いものです。
そして期間も通常では3か月くらいかかるのです。


それに対して合宿免許のプランもあります。

これは短期間で集中してすべてのカリキュラムをこなすというものであって、2週間程度で取得を目指すことができるスピードプランです。

合宿免許プランは地方の自動車学校で実施していることが多いので、合宿という名のとおり、地方で宿泊をしながら免許取得のための受講をする形になります。


こちらは費用としてもかなり安く、期間も短縮できるので、学生などに人気のプランになります。



通学免許と合宿免許で、自分に合ったプランを選んで、受講するようにしましょう。