通常の自動車教習所と合宿免許の比較

一般的な自動車教習所への通所は、都合の良い時に自由に通えるというメリットがありますが、そのぶん運転免許の取得までにはそれなりの期間を必要とします。
免許取得までに必要な期間は、主婦など空き時間が多い人であれば1ヶ月半から2ヶ月程度、サラリーマンなど仕事しながらの通所では3ヶ月から半年程度を要することもあります。



一方合宿免許の場合は、通所中は早朝から夜までほとんどの時間を拘束されるものの、1ヶ月程度での取得が可能なため、運転免許を短期間で取得したい人に向いています。



運転免許取得に掛かる総費用は、合宿免許の方が安く設定されている場合が多く、宿泊施設とセットのプランも数多く存在します。

共に閑散期は入所者を増やすために通常時より安く設定され、繁忙期は若干高くなる傾向にあります。

費用を出来る限り抑えたい場合は、5月中旬以降6月いっぱいまでか、もしくは10月から11月頃までの合宿が狙い目となります。



交通費については、一般的な教習では支給されないことがほとんどですが、多くの教習所で各方面に無料の送迎バスを走らせています。

合宿免許の場合は、宿泊施設が教習所から近くに設定されるか、もしくは無料の送迎バスが用意されます。
これらが無いとしても交通費が支給されることが多く、ほとんどの合宿免許では交通費を心配する必要がありません。

その他のサービスとして、合宿免許では周辺の観光施設のチケットを無料で貰えるなど、様々な付加価値を用意しているのが特徴です。