合宿免許の費用の内訳

自動車免許を少しでも安く取得したいということで、合宿免許を選ぶ人が少なくありません。


確かに、通学に比べると安い費用が設定されていることが多いようです。
合宿免許の費用というのは、学科と技能まどの教習に必要な費用はもちろんですが、その他にも2週間ほど宿泊しなければなりませんので、その宿泊費や2週間分の食費なども含まれています。

その点も加味すると、通学よりも大幅に安い費用が設定されていることがわかります。

この宿泊施設に関しては、専用宿舎を用意している場合もあれば、周辺のホテルやマンスリーマンションなどを宿泊施設として利用することもあります。

費用が安いのは専用宿舎ですが、プライベートな空間を確保し、他の人に気兼ねすることなく、自由時間はゆっくりと寛いだり、ぐっすりと一人で眠りたいというのであれば、ホテルライフを満喫するのも悪くありません。



自動車学校によっては、ハイレベルなホテルを用意しているところもあれば、温泉付き宿を用意しているところもあります。

また、リゾート地にある自動車学校などでは、ペンションなどを宿泊施設として設定している場合もあるようです。

さらに合宿免許の費用で忘れてならないのは交通費です。

交通費が高くなってしまえば、せっかく教習費用を安く設定していても、トータルでかかる費用は変わらなくなってしまいます。



ただ、交通費の補助はあります。

近隣のエリアからの参加の場合は、ほぼ全額支給されることも少なくありません。