稲荷の街、笠間で合宿免許友部自動車学校

日本三大稲荷のひとつ笠間稲荷を擁する茨城県中部の笠間市にある友部自動車学校では、各種プランをラインナップした合宿免許コースを用意しています。友部自動車学校の合宿免許コースは、普通自動車(AT・MT)、自動二輪(MT、普通・大型)、中型車、大型特殊車両のほか、普通自動車と自動二輪の同時教習コースも用意されています。



教習車はマツダのアクセラセダンやホンダのバイクCB400を導入し、ドライブシミュレーターなど設備も整っています。

合宿免許の宿泊施設は、教習所に隣接する男性専用の学校寮本館(相部屋)と別館(シングル)、徒歩5分の位置にある女性専用のハイツ5号館(相部屋)、学校に隣接する女性シングル専用のシティーホテル友部が用意されています。



ハイツ5号館以外の宿泊施設には有線LANケーブルを用いたインターネット環境が設けられており、パソコンを持参してネットを楽しむことができます。学校の周辺にはコンビニやショッピングモール、ATMなど長期滞在に欠かせない設備が徒歩圏内で充実しています。
笠間市は笠間稲荷神社の門前町であり、江戸時代は笠間城の城下町として栄えた街で、陶芸の笠間焼の生産地としても知られ、春と秋には陶芸市が開催され多くの観光客で賑わいます。



また、市内を一望する小高い丘にあり、春には8、000株の花を咲かせる笠間つつじ公園があり、市内各地には豊富な自然環境を活かしたゴルフ場が多数点在しています。