ファクタリングが便利なシーンとは

subpage01

企業にとって資金繰りは最も大事なことの一つですが、それを解決するために様々な金融技術があります。

その一つがファクタリングです。これは売掛債権や受取手形などをキャッシュ化する方法を指します。たとえば、すでに成立した取引の代金が2か月後に入金されるとしましょう。
しかし、1か月後には別の取引のために支払いをしなければならないことがあります。

ファクタリング会社の比較

2ヶ月待てば確実に入金されるとしても、1か月後に支払わなければならないときに、その間の資金繰りをどうするのかという問題が生じるわけです。


銀行融資では間に合わないということもあるでしょう。

このようなときにファクタリングは非常に便利です。
2か月後に入金されることが決まっているのなら、この債権は価値を持ちます。

この債権を売却、あるいは債権を担保にした融資を受けることによって、現金を手に入れることができます。
債権の状態であれば資金として用いることはできませんが、ファクタリングを利用することによって資金としても散ることができるようになりますから非常に便利だといえるでしょう。



ただ、このファクタリングを利用するためにはもちろん手数料がかかります。
この手数料は融資の利率と同じように定められています。利率は信用力によって異なります。



上限は利息制限法に定められています。
業者によっては高い利率が設定されていることがありますから、資金繰りのためのコストが高くなる可能性もあります。