診療報酬のファクタリング

subpage01

医療機関の経営者にとって、医療報酬の回収は資金繰りに大きな影響を与えます。

ファクタリングの評判

健康保険などの医療報酬は、請求してから2ヶ月後くらいにならないと入金されません。システム上、このようになっています。
確実に回収できますから資産としては計上できるのですが、キャッシュが不足することもあります。



この債権を買取るサービスがファクタリングです。

診療報酬のファクタリングは比較的メジャーなものだと言えるでしょう。



信用情報を買取ってもらうことによって、2ヶ月先にしか回収できない債権を、すぐにキャッシュ化することができます。


急に資金が必要になったときなどには、これによって資金繰りができます。
ファクタリングは、借り入れとは異なるサービスであるという点にも注意が必要です。


システムとしては借り入れとにている部分はありますが、売掛金を売却するという形になりますから、バランスシート上では負債にはなりません。


単に売掛金がなくなってキャッシュが増えるだけのことですから、負債としては計上されることはありません。


ファクタリングを利用するメリットは、本来回収できる時期より早く現金化できることです。

どちらかというと急いで資金が必要な場合に便利なサービスだと言えるでしょう。
ですから、審査もスピーディに行われることが多いです。


ファクタリングに関しては、銀行なども一部行っているようですが、銀行の場合には借り入れと同じ仕組みをとりますから、専門の業者とはやや異なります。