合宿免許に仲間で参加することのメリット

合宿免許を利用する人の多くは大学生であり、夏休みや春休みの長期的な休み、もしくは就職活動が終わり、余裕ができた時期を狙って友達と一緒に参加するというケースが大半です。

友達と一緒に合宿免許をとることでメリットがいくつかあります。まずはお金の面です。



友達と一緒に参加することで割引やプレゼントがもらえることがあります。

多くの場合は人数が多ければ多いほど、数千円から1万円ほどの割引、金券のプレゼントがもらえることになります。

人数分、それらを手にすることで合わせて数万円ほどになり、それらを打ち上げの費用にするということも可能です。



合宿免許は学科や実技を一気に詰め込むため、かなり大変でタイトなスケジュールになります。



そして、教官の指導も厳しく、心が折れてしまうということもありがちです。

そうした時に仲間がいれば一緒に支えあう、励ましあうということができるようになります。それもまた仲間で参加することのメリットと言えます。もちろん、それが度を過ぎると逆にマイナスになることもあるため、友達との距離感をどうとっていくかも大事であり、学科試験などではお互いに問題を出し合う、刺激しあうことも必要となります。


自分だけ仮免許の試験に落ちて、みんなが遊びに行く中自分だけ追加の学科を受けるというのは惨めなものです。

よきライバルとして、仲間としてお互いに切磋琢磨し、免許をゲットし、みんなでドライブすることを夢見るというのがあるべき姿です。