合宿免許の特徴について

自動車の運転免許を取得するためには通常自動車学校に入校して実技試験を受け、最後に免許センターで学科試験を受ける必要があります。


通学するパターンと合宿免許によるパターンがあります。

合宿免許の場合には一日中集中して教習を受けることになります。



そのため通常の教習だと二、三ヶ月はかかるところが、約2週間で最後の実技試験までいく事ができます。


教習で分からない部分があった場合には補修の時間も確保されているので、分からない事があった場合でも安心です。

合宿免許の場合には通常の教習とは大きく違う特徴があります。

合宿免許の場合には宿泊施設としてホテルや旅館などを利用します。

温泉が併設されているホテルもあり、土日祝日などの休日には温泉を楽しむ事が可能な場合もあります。

料金ですがほとんどの場合無料です。



仮に料金が発生する場合でも無料に近い額となります。

料理もホテルの食事を楽しむ事ができます。

基本的に食事は全て無料です。

追加料金を支払うとさらに豪勢な食事を楽しむ事ができます。
ホテルにもよりますが、追加料金が割引になる場合もあります。



教習のコースですが通常の路地教習と違い、交通量が少ない地域で教習を行うことになるので、ストレスを感じることなく教習を受ける事ができます。
代金の支払い方法ですが、ほとんどの場合一括払いだけでなく信販会社の分割払いやクレジットカードによる支払いにも対応しているので、お金の心配はまず必要ありません。