エコカラットで住み心地のいい家にする

家を建てる時、どのような壁材を使用するかで、住み心地は大きく左右されます。エコカラットは、4つの特徴を持った魅力的な壁材で、まさに理想的です。1つめは、調湿性能に優れていることで、湿気の多い時には吸収して、乾燥している時には吸い込んだ湿気を放出します。古くから調湿性能があるということで使われてきた珪藻土よりも湿度を吸収できるのです。

湿気が程よい状態ということは、そこで暮らす人が快適であるだけでなく、家を劣化させる結露や害虫の発生をも防ぐ事が出来るので非常に重要な事です。2つめはニオイを取り除くことができることです。換気をすれば、部屋の空気を入れ替えることは出来ますが、染み付いたニオイというのはなかなか取り除くことは出来ません。例えばトイレのようにニオイのきつい場所ならばなおさらです。

しかしエコカラットならば、そういう場所でも臭いの原因となる成分の吸着が出来るので、臭くて息が出来ない状態から解放されます。3つめは有害物質対策です。家を建てる時に使った接着剤などが蒸発すると、シックハウス症候群の原因となってしまいます。エコカラットはそういった有害物質をニオイ同様に吸着して住人の健康を守ってくれるのです。

とっくに喘息やアトピーなどの病気があるお子さんがいるならば、安心して住める家にするためにもエコカラットを使ってみるといいでしょう。4つめは手入れのしやすさです。汚れがついた時、水拭きをすると湿気と違って水分は吸収しないので綺麗に拭きあげることが出来ます。これでいつまでも綺麗な家にすることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*